Webマーケティング入門|ポジショニングはズバ抜けて特化することで差別化すべし!!

Webマーケティング入門|ポジショニングはズバ抜けて特化することで差別化すべし!!

スポンサーリンク



 

メディアマーケッターENOです。

 

ENO
業界のポジションを確立して読者から選ばれるブログを作りたーいっ!!

 

Webマーケティンング入門として、業界のポジションを確立して読者から選ばれるブログを運営したいと思ったコトはありませんか?

 

今回の記事では”ブログで業界内のポジションを確立する方法”について詳しく解説していきます。

 

特に、何かの情報に特化したブログを運営している方はぜひチェックしてみてくださいね!!

 

Webマーケティング入門|ポジショニングはズバ抜けて特化することで差別化すべし!!

ブログ運営で成功するには自分のポジショニングを明確にし、何かにズバ抜けて特化することで差別化する必要があります

 

読者のニーズが複雑になった現在では、万人に愛されるブランドではなく、何か一点に特化して”徹底的に特化する”ことで少数から熱烈に好きになってもらう必要があるからです。

 

具体的には今ある既存の商品の限界にトライして前提をくつがえす取り組みです。

 

例えば、

 

  • 機内食や預ける荷物を有料化して徹底的にコストを抑えた”LCC”
  • 立ち食いスタイルで集客数と回転率を大幅にアップさせた”いきなりステーキ”
  • ケタ違いの品揃えと圧倒的なスピード配送で大成功している”Amazon”

 

などですね。

 

ここで注目したいのは、これらの商品やサービスは”完璧ではない”ってコトです(笑)

 

なぜなら、”徹底的に偏った人のための超極端なブランド”だからなんですよ。

 

スポンサーリンク



 

目指すは読者のファーストコールブログ!!

Webマーケティングで大きな成功を収めるには、

 

「 読者から一番最初に声がかかるファーストコールブログを目指す 」

 

ってことです。

 

数ある選択肢の中から、自分のブログ経由で商品やサービスが売れなければ利益に繋がりませんよね、、、

 

例えば、アナタは今日初めて会った人の名前をすぐに覚えることができますか?

 

おそらくほとんどの人が、”人の顔と名前を覚えるのが苦手”なんじゃないかと思います(笑)

 

コレって会ったばかりの人の記憶が、過去に出会った人の記憶と明確に区別されていないのが原因なワケです。

 

ブログも同じで他と区別されていないと、”あのブログ名って何だったっけ?”っていう状態になってしまいますから

 

ポジショニングの明確化で読者の記憶に焼き付ける

ファーストコールブログを目指すのであれば、”ポジショニングの明確化で読者に記憶してもらう”ってコトが絶対条件なんですね。

 

他のブログと差別化をしつつ、読者の頭の中に”ポジションを取る”ことができなければ絶対に選ばれることはありませんから、、、

 

例えば、”日本で一番高い山は?”って聞かれたら、”富士山”だとほとんどの人が即答できるハズです。

 

では、”日本で二番目に高い山は?”って聞かれたらアナタはすぐに答えることができるでしょうか?

 

おそらく答えられませんよね(笑)

 

ですので、ファーストコールブログを目指すのであれば、まずは読者に記憶してもらうってことが欠かせませんから。

 

そのためには、何か特定の分野でナンバーワンになる必要があります

 

もちろん、ライバルの多いレッドオーシャンの市場でトップになるのは簡単ではありません、、、

 

ユーザーの頭の中に”ポジションを取る”ことに成功している例としては、

 

  • 安くて機能性の良い衣服=ユニクロ
  • 故障が少ない車メーカー=トヨタ
  • 品揃えの良いレンタルショップ=TSUTAYA

 

多少の個人差はあると思いますが、ポイントは”〇〇と言えば?”と考えた時に、そのポジションの中でナンバーワンのイメージが定着しているってコトなんですね。

 

まだ、実績や経験が不十分な場合は”超初心者向け”や”20代限定”などターゲットを絞ることでポジショニングが簡単になります!!

 

ちなみに、架空のターゲット読者を決める”ペルソナ設定のコツ”を以下の記事で紹介してます。

Webマーケティングの基本はペルソナの設定がキモ!!初心者はワークシートを使おう!!

2018.12.28

Webマーケティングを勉強するならペルソナを設定しよう!!読者と共通の理解が持てる!!

2018.12.05

アフィリエイトブログのPVをアップさせる具体的な4つのポイント!!

2018.09.20

 

スポンサーリンク



 

マーケットの競争がマンネリを生み出す

ユーザーのニーズの多いマーケットは競争を生み出し、マンネリ化する傾向があるんですね。

 

なぜなら、すでにナンバーワンのポジションが取られている所に同じような性能や価格の商品を展開する人が多いからです。

 

どんな分野であれ、自分のポジションを確立させるにはライバルの存在を無視することはできません、、、

 

しかも、すでにナンバーワンが存在しているマーケットで同じポジションを狙うのはほぼ無理ゲーですから(笑)

 

動物が最初に見たものを親だと思い込む本能が備わっているのと同じように、

 

「 読者にメッセージを刻み込むには、読者の頭の中に一番最初に辿り着かなければいけない 」

 

ワケですよ。

 

そして、すでに売れているモノと似たような商品やサービスを提供しても、最終的には”価格競争に陥る”っていうのがオチですから。

 

ポジショニングの基本は差別化でレッドオーシャンから抜け出すコト

ポジショニングの基本は徹底的に差別化してレッドオーシャンからブルーオーシャンを目指すことなんですね。

 

なぜなら、ライバルが存在しない市場を自分で開拓できればアナタ自身が独占できますから。

 

こんな感じで他のライバルブログとの消耗戦を避けるには”差別化する戦略”が絶対に必要です

 

この差別化に提供する情報の質の向上を徹底することで、競合の多いレッドオーシャンから競合のいないブルーオーシャンへと移行することができます。

 

スポンサーリンク



 

新しいカテゴリーを生み出してナンバーワンを目指せ!!

ブログで新しいカテゴリーを生み出すことができればナンバーワンを目指すことができます

 

なぜなら、新しいカテゴリーにはライバルが存在しないからなんですね。

 

ちなみに、”差別化”で新しいカテゴリーを生み出す方法には2種類あります。

 

・新しいカテゴリーを生み出す方法1:細分化する

 

一つ目は、今あるカテゴリーをさらに”細分化する”っていう方法です。

 

例えば、”恋愛”っていうカテゴリーでナンバーワンを取るのが難しければ、”婚活アプリ”っていうジャンルで狙えば良いワケなんですね。

 

ポイントは”これからニーズが高まりそうなニッチなジャンルでナンバーワンを狙う”ってコトです。

 

もちろん、細分化することによってマーケットが小さくなりますが、その分ターゲットも絞ることができるのでより具体的な戦略が見えてきます。

 

・新しいカテゴリーを生み出す方法2:自分で新しく作り出す

 

もう一つの方法は、”自分で新しいカテゴリーを生み出す”っていう方法です。

 

具体的には、

 

  • 自転車や家などのシェアリング
  • スマホ1台で売買できるメルカリ
  • お金のいらない電子決済アプリ

 

などがイメージしやすいかと思います。

 

特にブログのコンテンツは実際にものやサービスを作らなくても、”新鮮な情報”を読者に提供すれば簡単に”新しいカテゴリー”を確立することができちゃいますからね

 

ポジショニングはズバ抜けて特化することで差別化すべしのまとめ

この記事のポイントをまとめます。

 

この記事のまとめ

  • ポジショニングはズバ抜けて特化することで差別化する
  • 読者のファーストコールブログを目指す
  • ターゲットを絞るだけでポジショニングが簡単になる
  • ナンバーワンが存在しているマーケットで同じポジションを狙うのはほぼ無理ゲー
  • ブルーオーシャンを目指すには”細分化する”か”自分で新しく作り出す”

 

読者の頭の中のポジションを取るには”徹底的に差別化する”ことが絶対に必要です。

 

そして、レッドオーシャンから抜け出してブルーオーシャンを目指すには”細分化する”か”新しく作り出す”しか方法がありません、、、

 

今まで特に”差別化”について考えたことがない方は、”ターゲットを絞る”ことからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク



 

関連記事

↓関連記事はコチラ↓

Webマーケティング|メルマガで読者と定期的な接点を作り信頼関係を構築する!!

2018.12.24

Webマーケティング|ビジネスブログで見つけてもらう仕組みを作る!!

2018.12.23

Webマーケティングは資産化で成功する!!どうやって興味を持ってもらうかがカギ!!

2018.12.22

Webマーケティングでコンテンツを提供するメリットって何?ブログなら商圏は無限大!!

2018.12.21

WebマーケティングのポイントはZMOTを理解すべし!!情報収集する時間はどれくらい?

2018.12.20

 

メディアマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA