Webマーケティング手法|フロントエンドを用意して購入のハードルを下げるべし!!

Webマーケティング手法|フロントエンドを用意して購入のハードルを下げるべし!!

スポンサーリンク



 

メディアマーケッターENOです。

 

ENO
Webマーケティングをやるなら、フロントエンドとバックエンドを用意した方が良いって本当!?

 

あなたの商品にはフロントエンドとバックエンドを用意していますか!?

 

実はフロントエンドとバックエンドを用意して段階的にセールスすることで、売り上げアップに繋げることができます!!

 

今までフロントエンドとバックエンドを用意していなかったって方はぜひ最後まで読んでみてくださいね!!

 

Webマーケティング手法|フロントエンドを用意して購入のハードルを下げるべし!!

Webマーケティングで安定して売り上げを作るには”シンプルで低価格のフロントエンド商品”がキモです!!

 

なぜなら、いきなり読者にとって伝わりにくいものや高額の商品を紹介しても成約する確率はほぼゼロだからなんですね、、、

 

なかなか普段馴染みのない内容だったり、高額の商品って成約するまでの道のりがかなり高いので、うまくマネタイズするにはかなり苦労しますから。

 

また、以下のような場合は自分が売りたい商品の”Web上での見え方”を一度見直す必要があるかもしれません、、、

 

  • セールスレターの内容が”誰でも”、”無料で”、”絶対に成功できる”など誇大なセールスコピーになっている
  • ブログのメニューが多すぎて何から読めば良いのかわからない
  • 購入者の声やレビューなどのエビデンスが全くない

 

ですので、読者の購入のハードルを少しでも下げるために、”シンプルで低価格のフロントエンド商品”を作成するのがオススメです。

 

スポンサーリンク



 

フロントエンドとバックエンドを用意する

Webマーケティングで成功しているブログやサイトをよくリサーチすると、フロントエンドとバックエンドを用意していることが多いんですね。

 

つまり、サービスを一度に売るのではなくて、”小額商品(フロントエンド)→高額商品(バックエンド)”というように段階的に分けて読者に提供することで心理的な購入のハードルを下げるワケです。

 

Webサイトやブログの情報だけでいきなり高額商品を売るのはプロのマーケッターでもなかなか難しいんですよ、、、

 

ですので、まずは価格の安いフロントエンド商品を適切な形で読者に提供することで”読者を顧客にする”ってことが非常に大事です

 

また、フロントエンド商品からバックエンド商品へと繋げる過程で、自分とスタンスの合わない顧客をこっちから断ることもできますからね。

 

特にバックエンド商品がコンサルの場合は、自分とマッチしないお客様をしっかりフィリタリングすることで後々のトラブルを減らす効果もあるワケです。

 

フロントエンドはいろんなバリエーションがある

少額のフロントエンド商品には様々なバリエーションがあります

 

例えば、

 

  • 無料サンプル
  • 個別コンサル1回
  • Webセミナー

 

など様々な形態がありますから。

 

特にWebサイトやブログを運営しているのであれば、無料レポート、無料動画、電子書籍などが相性が良いですね。

 

また、バックエンド商品として”コンサル”を提供するのであれば、フロントエンドとして”読者の問題や悩みを聴きだすヒアリング”を無料もしくは少額でやるってのも非常にオススメです。

 

自分のビジネスの性質によって、最適なフロントエンド商品は変わってきます

 

まずはアナタと同じビジネスを運営している人が、どんなフロントエンドとバックエンドを用意しているのかリサーチするのがオススメですね!!

 

スポンサーリンク



 

ライフタイムバリュー(LTV)を計算してみる

ライフタイムバリュー(LTV)を計算することでWebマーケティングの手応えをざっくりと掴むことができます

 

LTVを計算する過程で、新規顧客の獲得から商品成約までのステップを可視化することができますから

 

ちなみに、このライフタイムバリュー(LTV)は”生涯顧客価値”と訳されるんですね。

 

一人の顧客があなたの商品やサービスを生涯トータルでどれくらいお金を使ってくれたかを計算するワケです。

 

ちなみにLTVの簡単な計算方法は以下の通りです。

 

LTVの計算方法

平均LTV=(フロントエンドの売り上げ+バックエンドの売り上げ)÷(顧客数)

 

ライフタイムバリューを活用してさらにブログの収益を予測する

ライフタイムバリューを活用することで、ブログの収益をある程度正確に予測することができるようになります

 

なぜなら、ライフタイムバリューを計算することで顧客数、フロントエンドを買ってくれた人の数、バックエンドを買ってくれた人の数の比率がパーセンテージで計算できるからです。

 

特に、フロントエンドを購入した顧客の行動に着目し、”フロントエンド→バックエンドの成約に至った人”がどれくらいいるのかを常に把握することが非常に大事です。

 

こんな感じでLTVを計算することで、フロントエンド購入の度にどれくらいの売り上げが立つかある程度予測することができるようになりますから

 

そして、どれくらいの新規読者を集めたらいくらの売り上げが立つのかも予測できるので、広告費の使い方にも応用できるようになるので便利です!!

 

スポンサーリンク



 

フロントエンドを用意して購入のハードルを下げるべし!!のまとめ

今回の記事のポイントをまとめます。

 

この記事のまとめ

  • フロントエンドを用意して購入のハードルを下げる
  • ”小額商品(フロントエンド)→高額商品(バックエンド)”というように段階的に分けて読者に提供することで売り上げを伸ばす
  • 自分のビジネスの性質によって、最適なフロントエンド商品は変わる
  • ライフタイムバリュー(LTV)を計算することでWebマーケティングの手応えをざっくりと掴む
  • ライフタイムバリューでブログの収益をある程度正確に予測することができるようになる

 

Webサイトやブログだけの情報ではいきなり高額商品をセールスしても、成約するなんてほぼ無理ゲーです(笑)

 

だからこそ、まずは価格の安いフロントエンド商品を購入してもらって読者のお財布の紐を緩めて、信頼関係を構築するのが大事ですから。

 

今までフロントエンドとバックエンドを意識していなかった方は、ぜひ安くてシンプルなフロントエンド商品を作ってみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

↓関連記事はコチラ↓

Webマーケティング手法|オウンドメディアで独自のコンテンツ発信をすべし!!

2019.01.23

Webマーケティング手法|コピーコンテンツはGoogleから嫌われる!?

2019.01.22

Webマーケティング手法|GoogleAnalyticsで絶対にチェックすべき3つの項目とは?

2019.01.20

アフィリエイトで稼ぎやすいジャンルは?オススメ10選を紹介!!

2017.01.01

 

メディアマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA