Webマーケティング|ブログの小見出しで動力を作り読者に内容をサクッと伝える方法!!

Webマーケティング|ブログの小見出しで動力を作り読者に内容をサクッと伝える方法!!

スポンサーリンク



 

メディアマーケッターENOです。

 

ENO
ブログの小見出しってSEO効果があるって聞いたんだけどマジっすか!?

 

Webマーケティング戦略としてブログの小見出しを意識して作ってますか!?

 

この記事では”ブログの小見出しで動力を作り読者に内容をサクッと伝える方法”について詳しく解説します!!

 

今まで小見出しを意識して作っていなかった方はぜひ最後までご覧くださいね!!

 

小見出しって何やねんっ!!

見出しタグっていうのは、読者と検索エンジンにブログコンテンツを正しく伝えるためのサブタイトル(本の目次)みたいなものです

 

ちなみにHTMLだと以下のようなタグで記述されます。

 

HTMLの見出しタグ

  • <h1>テキスト</h1>(ブログ記事タイトル)
  • <h2>テキスト</h2>(サブタイトル1)
  • <h3>テキスト</h3>(サブタイトル2)
  • <h4>テキスト</h4>(サブタイトル3)
  • <h5>テキスト</h5>(サブタイトル4)
  • <h6>テキスト</h6>(サブタイトル5)

 

こんな感じで見出しタグって1〜6まであって、数字が若いほど重要度が高くなります

 

ブログのテーマにもよりますが、h1はブログ記事タイトル、h2〜h6がサブタイトルを意味していることが多いですね。

 

そして、見出しタグで囲まれた文章は普通の文章よりも大きな字で表示されるので、読者に印象づけることができます。

 

小見出しの大きな役割として、

 

  1. 読者に内容をサクッと伝える
  2. SEO効果をアップさせる

 

という2つのメリットがあるのでブログ運営をやっていくには小見出しの作り方には気を使う必要がありますから!!

 

スポンサーリンク



 

Webマーケティング|ブログの小見出しで動力を作り読者に内容をサクッと伝える方法!!

Webマーケティング戦略として、ブログの小見出しで動力を作って読者に内容をサクッと伝えることが重要です

 

なぜなら、読者に全ての情報を確実に届けるために必要だからなんですね。

 

読者にブログの全ての文章を最後まで読んでもらうには、もう少し細かい部分にまで気を使う必要があります。

 

例えば、 ブログ記事タイトルに惹かれてやってきた読者がたったの数行読んだだけで離脱してしまうなんてコトは日常茶飯事ですので(笑)

 

こんな感じだと当然、ブログの文章を最後まで読んでもらうことはできませんから、、、

 

ですので、読者をブログから離脱させないようにする”仕掛け”が必要であり、コレが文章を最後まで読んでもらう”動力”となります。

 

”小見出し”によって読者に文章を読ませるテクニックを身につければ、コピーライティング力とSEOのスキルが劇的にアップします!!

 

小ネタ系の記事の小見出しの作り方

小ネタ系の記事は”小見出しに答えを書かない”ってことが重要になります。

 

なぜなら、読者が小見出しだけをサッと読んで離脱してしまうのを防ぐ必要があるからなんですね。

 

小ネタ系のブログでマネタイズするには、魅力的な記事でファンを作り、アドセンスなどの広告をクリックしてもらうことで収益化するワケですよ。

 

つまり、読者が数秒だけ流し読みしてしまうと広告に触れる時間が短くなりやすいので、マネタイズがうまくいかなくなるリスクがあります、、、

 

ですので小ネタ系のブログの場合は、”小見出しに答えを書かない”というテクニックが重要となりますから。

 

例えば、”読者の離脱率を劇的に改善する小見出し作成の3つのテクニックとは?”という感じで具体的な答えを書かないようにしましょう。

 

こうすることによって、小見出しの後に続く文章を読んで答えを知りたくなるので、最後まで文章を読んでもらえる確率を上げることができます。

 

スポンサーリンク



 

特化系の記事の小見出しの作り方

特化系ブログの小見出しは”ココにあなたの役に立つ答えが書いてありますよ!!”ってハッキリ伝わるように作る必要があります

 

なぜなら特化系ブログにやってくる読者は、”自分の問題や悩みを解決する情報”を求めているからなんですね。

 

つまり、”自分の役に立つ情報を得よう!!”というモチベーションがかなり高く、ブログの記事タイトルと小見出しを見て文章を読むかどうかを判断する傾向がかなり強いワケです

 

ですので特化系ブログの場合は、”小見出しには読者の役に立つ内容をハッキリ書く!!”というように、答えを明確にした小見出しを意識して作る必要があります。

 

小見出しで答えを書いた後は、”理由”と”具体例”をしっかり伝えることでより読者から信頼を得ることができますよ!!

 

小見出しは内容がサクッと分からないと意味がない

小見出しを作るときは”内容がサクッと分かる”ように意識する必要があります

 

なぜなら、”おっ、コレってちょっと気になるから読んでみようかな、、、”っていう引っかかりがないとブログから離脱してしまうからです。

 

読者ってせっかちな人も多いので、記事に飛んだ時に真っ先に一番下までスクロールして全体内容をザッと眺める人も多いんですよ(笑)

 

そういうせっかちさんのために、”小見出しを見ただけで内容が分かる”ように工夫する必要があるんですね。

 

例えばこの記事の場合は、以下のような小見出しを設定して、小見出しを見ただけで内容をサクッと理解できるようにしてます。

 

この記事の小見出し

  • 小見出しって何やねんっ!!
  • Webマーケティング|ブログの小見出しで動力を作り読者に内容をサクッと伝える方法!!
  • 小ネタ系の記事の小見出しの作り方
  • 特化系の記事の小見出しの作り方
  • 小見出しは内容がサクッと分からないと意味がない
  • 小見出しはダラダラ長い文章の形にしちゃダメ
  • ブログの小見出しで動力を作り読者に内容をサクッと伝える方法のまとめ

 

小見出しを設定するときのポイントは”本の目次”をイメージして作るのがオススメです!!

 

ちなみに、”ブログ文章の書き方”を以下の記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

Webマーケティング入門|文章構造のひな形をマスターして飽きずに読んでもらう!!

2019.01.11

アフィリエイト記事の見本を公開!!文章を見やすく装飾すべし!!

2018.09.17

 

スポンサーリンク



 

小見出しはダラダラ長い文章の形にしちゃダメ

ブログで小見出しを作るときは”ダラダラ長い文章の形にしない”ように注意しましょう!!

 

なぜならどれだけ魅力的な小見出しを作ったとしても、文字数が多いと読み飛ばされるリスクが高いからなんですね。

 

小見出しの役割は読者に”おっ、コレって自分の役に立ちそうじゃん!!”って引っかかりを作って文章を最後まで読んでもらうコトですから。

 

つまり、小見出しって短い方が目に止まりやすいワケですよ。

 

ですので、”小見出しはダラダラ長い文章の形にしない”っていうのがコツなんですね。

 

そして、小見出しは魅力的かつ、読者が一瞬で内容を把握できる短さを常に心がけるようにしましょう!!

 

ブログの小見出しで動力を作り読者に内容をサクッと伝える方法のまとめ

この記事のポイントをまとめます!!

 

この記事のまとめ

  • 小見出とは読者と検索エンジンにブログコンテンツを正しく伝えるためのサブタイトル(本の目次)みたいなもの
  • ブログの小見出しで動力を作って読者に内容をサクッと伝えることが重要
  • 小ネタ系の記事は”小見出しに答えを書かない”ってことが大事
  • 特化系ブログの小見出しは”ココにあなたの役に立つ答えが書いてありますよ!!”ってハッキリ伝わるように書く
  • 小見出しは内容がサクッと分からないと意味がない
  • 小見出しはダラダラ長い文章の形にしちゃダメ

 

ブログの小見出しって読者と検索エンジンの両方にブログコンテンツを正しく伝えるために超重要なんですね。

 

特に特化系ブログの場合は小見出しだけで内容がサクッと理解できるように意識して作るようにしないと読者がどんどん離脱していきますから(笑)

 

今まで小見出しを意識して作っていなかった方はまずは”いろんな本の目次”をリサーチしてみることから始めてみてはいかがでしょうか!?

 

スポンサーリンク



 

関連記事

↓関連記事はコチラ↓

Webマーケティングはキーワードがキモ!!でもペナルティは絶対避ける!!

2018.11.14

Webマーケティングの基本はブログのタグを工夫してインデックス率を高めるべし!!

2018.11.13

Webマーケティングのポイントは競合の上位表示条件を調べて真似する!!

2018.11.13

webマーケティングでSEOをマスターすれば検索順位を総ナメ!!Googleのアルゴリズムをチェック!!

2018.11.13

webマーケティングはタイトルで集客する!!タグを最適化して上位表示させる!!

2018.11.08

 

メディアマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA