アフィリエイト記事の見本を公開!!文章を見やすく装飾すべし!!

アフィリエイト記事の見本を公開!!文章を見やすく装飾すべし!!

スポンサーリンク



 

メディアマーケッターENOです。

 

ENO
アフィリエイトブログって実際にどうやって記事を書けばいいのー!?

 

いざブログを立ち上げてアフィリエイトで稼ごうと思ってもなかなか記事を書けなくて困っていませんか!?

 

今回の記事では”アフィリエイト記事の見本”について詳しく解説していきます。

 

まだブログを始めたばかりでなかなか文章が書けないっていう方はぜひ最後までご覧くださいね!!

 

 

Contents

アフィリエイト記事の見本を10個一気に公開!!

ずは習うより慣れろってことでENOが普段から参考にさせてもらっている結果を出しているトップアフィリエイターのブログやサイトを一気に10個ご紹介しますね!!

 

 

上記のプロブロガーの方々は現役でブログを更新してしっかりマネタイズしているので参考にできる部分は貪欲に吸収していきましょう!!

 

商品紹介記事(レビュー)の見本

ここからはENOが実践しているアフィリエイトで商品紹介記事を作る時のテンプレートを公開していきます!!

 

商品紹介記事の見本

  • ◯◯って何なの?(概要や効果などを詳しく書く)
  • ◯◯を実際に使ってみた!!(写真をしっかり入れて使い方などを解説)
  • ◯◯を使って見た感想(”感情”やストーリーを入れて感想を書く)
  • まとめ(こんな人にオススメなどを説明、背中を押す)

 

まずはざっくりと記事で紹介する商品について概要を説明しつつ、実際に商品を使ってみて自分が感じてポイントをストーリーも交えてわかり易く伝えるのがポイントです。

 

もちろん最後はしっかり読者の背中を押してアフィリエイト商品を購入してもらわないと収益になりません(笑)

 

基本的に商品を押し売りされて喜ぶ超ドMな人はいませんので、この商品を買うとこんな問題や悩みを解決できますよって感じでさりげなーく紹介するのがコツです。

 

話題のスポットに行ってきた系の記事の見本

次は”今話題になっている行ってきた系”の記事を書くときの見本になるテンプレートを紹介します。

 

話題のスポットに行ってきた系の記事の見本

  • ◯◯へのアクセス方法、外観(写真や地図を挿入してわかりやすく説明)
  • 実際に◯◯へ行ってきた!!(写真を入れてリアル感をしっかり出す)
  • ◯◯へ行ってきた感想(良かったところをメインとして書く)
  • まとめ(こんな人におすすめ!などを書く)

 

基本的には”商品紹介記事の見本”とほぼ一緒ですが、スポット系の記事なので最初に写真や地図なのでアクセス方法とか外観を説明してあげると読者としてもすんなり記事の内容に入りやすいです。

 

リアリティーを出すために写真を多めに添付して文章は添える程度の方が読者には伝わりやすい傾向があります。

 

こういう”今話題のスポットに行ってきた系”の記事は誰でも簡単に作ることができますし、オリジナリティーも出せるので他のブログとの差別化もできるのが魅力です!!

 

ブログ記事を書く際のポイント

ここからはENOが実践しているアフィリエイトブログの記事を書く際のテクニックを紹介していきます。

 

・ブログ記事を書く際のポイント1:感情が高ぶっている時に書く

 

不思議ですが、ブログの文章ってあなたの”パッション(情熱)”が現れるものなんですね(笑)

 

ですので、めっちゃやる気がないときに書いたブログってなんとなーくやっつけ感が出てしまったり、イライラしているときに書いた記事はちょっと挑発的な感じになってしまったり、本当に不思議と読者に伝わってしまうものですから、、、

 

その一方でめちゃくちゃコレについて書きたいっ!!、すぐに読者に伝えたいっ!!、とにかくスゴかったなど、自分の気持ちが盛り上がった時は、後回しにしないですぐにブログにしちゃった方が良いです!!

 

特にやってみた系、行ってきた系のブログ記事は、その体験の記憶や感情が薄れないうちに今すぐに文章にしましょう。

 

必ず時間が経てば経つほどどんなに良いと思ったものでも感情が薄れてしまうので、記憶と熱が冷めないうちにササーっとブログ記事にしてしまうのがオススメですね。

 

その一方で、”マイナスの感情”の時は、しばらく時間を置いてから記事にした方が絶対にいいです(笑)

 

マイナスの感情の記事を読んで嬉しい読者ってほとんどいないので、時間を置いて頭を少しクールダウンしてから文章を書くことをオススメします!!

 

・ブログ記事を書く際のポイント2:タイトルと見出しを先に4〜6個作る

 

実際にブログで文章を書く前にあらかじめ”タイトルと見出しを4〜6個作っておく”と、自然と記事にボリュームが出ます。

 

しかも検索エンジンで上位表示させたいキーワードをタイトルと見出しに盛り込んでおくことでSEO対策ができますし、文章の流れが大きくズレるってことも防ぐことができるメリットがありますからね。

 

ちなみに”見出し”っていうのは本で例えるなら”目次”を作るイメージです。

 

見出しを作ることであらかじめ文章の構成をざっくり把握してから書くことで、スムーズに文章が書けるようになるワケですよ。

 

ちなみにENOのブログは1記事あたり、平均して3000文字以上あるのですが、記事を書く前にあらかじめタイトルと見出しを作ってから、各見出しの中身をどんどん埋めていくことで自然とボリュームのあるブログ記事を書くことができちゃいます。

 

なかなか記事にボリュームが出なくて悩んでいる方は先に”見出しを4〜6個作る”ってことを意識してみてください。

 

すると1つの見出しにつき400〜600文字くらいは書けるので、1600〜3600文字くらいのボリュームが自然と出ます!!

 

・ブログ記事を書く際のポイント3:読者の感情を書く

 

ありがたいことに最近は”気がついたら最後までブログの記事を読んでた!!”とコメントをもらうことが増えてきたんですね。

 

それは上記のブログ記事を書くテクニックに加えて、”読者の感情を書く”ということをENOが常に意識しているからだと思っています。

 

具体的に言うと、”ここまで記事を読んだ人はきっとこんなことを思っているだろうなー”と予想して、”今、あなたはこんな風に思った人はいませんか?”と読者の気持ちを代弁してあげるワケです。

 

いつもブログの冒頭で、

 

  • 読者への問いかけ
  • 記事を読むメリット
  • 読者へアクションを起こす一言

 

を意識して書いており、こんなことで困っている読者がこの記事を読めばスグに解決できますよって感じでブログ導入文を作っています。

 

”ソレって私のことかもっ!!”と思ってもらえるように、読者の気持ちを先回りして言ってあげるのがポイントです。

 

こんな風に読者の気持ちを先回りして、”自分ごと”として認識してもらうことをぜひブログの導入文で取り入れてみてください。

 

そうすることでどんどん読者を引き込むブログ記事が書けるようになっていくハズですから!!

 

アフィリエイトブログの本文ができたら次はどうする?

アフィリエイトブログの本文が書けたら、検索してもらいやすくしたり、読者が本文を読みやすくなるように文字を装飾するなどの工夫をしましょう!!

 

・タグを設定する

 

現在はそれほどSEO効果がありませんが、ブログ本文ができたらタグを設定しましょう。

 

ちなみにタグっていうのはブログの記事カテゴリーではカバーしきれない”細かいキーワード”だとイメージしておけば大丈夫です。

 

例えば”ブログでお金を稼ぐ方法”っていう記事タイトルで、カテゴリーの設定を”アフィリエイト”にしたとするじゃないですか!?

 

でも”アフィリエイト”だとかなり広すぎるので、読者がタグを使ってもっと細かくブログ記事を検索し易くできるようにタグを設定するワケです。

 

仮に”ブログで稼ぐ方法”だと、

 

  • WordPress
  • アドセンス
  • コピーライティング
  • ASP
  • SEO

 

などが関連するキーワードとして候補になりそうですよね。

 

こんな感じで1記事につきタグの設定を2〜5個くらいで設定するのがオススメです。

 

あまり多すぎるとタグが重複してGoogleに”重複ページ”としてみなされてしまい、SEO的に良くないので注意しましょう。

 

例えば、”アドセンス”と”クリック型アフィリエイト”のタグは、似てるものになりそうだと予想できますよね。

 

もちろん複数のブログ記事のタグにほとんど同じものが表示されてしまったら、タグが存在する意味が全くありません、、、

 

タグを使用する際は他の記事ですでに使っているタグと重複しないように気をつけましょう。

 

・アイキャッチ画像を設定する

 

タグの設定が完了したら、次は”アイキャッチ画像”を設定しましょう。

 

アイキャッチ画像はブログ記事とマッチした画像をつけることで読者の目と興味を引き、記事が読まれ易くする効果があるんですね。

 

ちなみにENOの場合は”O-DAN”っていうフリーの画像サイトと”PhotoShop”を使ってアイキャッチ画像をいつも作成しています。

 

このO-DANっていうサイトの画像素材は無料なのにクオリティーも高く、超オシャレでカッコイィのでオススメです!!

 

 

・各見出しの下に画像、写真、イラストを入れる

 

ブログ本文の各見出しの下には画像、写真、イラストを挿入して読者の目を休めるように気を使いましょう。

 

特に長文のコンテンツの場合、画像やイラストが一枚もなかったら、文章を読むのに疲れてブログから離脱してしまう人が大半だと思いますから(笑)

 

ですので読者に気持ちよく最後までブログを読んでもらうためにも、各見出しの下に画像やイラストを差し込むように工夫するのがオススメなんですね。

 

ブログの文章が長ければ長いほど、文章のバランスを良く見て、記事と関係のある画像やイラストを見出しの下に挿入するように工夫しましょう。

 

・色、太文字、マーカー、枠を使って文字をより見やすくする

 

ただひたすら文字だけがズラーっと書いてあるブログって、”で、結局どこが大事なワケ?”ってなっちゃうんですね(笑)

 

要点がわからないと文章にメリハリがなくなってしまうので、読者としてもブログを読むのがめっちゃしんどいわけですよ、、、

 

このような事態にならないようにするため、色や太文字、マーカー、枠などを積極的に使って、文章にメリハリをつけましょう!!

 

具体的には大事な文章や注意して欲しい部分を中心に、太文字にしたり、文字の色を変えたりするわけです。

 

たったコレだけのことであなたのブログ記事の文章がグッと見やすい記事に大変身するのでぜひやってみてください。

 

ただしあまりにも文字装飾の種類を使いすぎるとどこが大事なのかわからなくなるので、文字装飾は3種類以内にして自分でルールを決めて使い分けるのがオススメです!!

 

・改行、スペース、句読点の位置を工夫する

 

アフィリエイトブログの記事を書く時には、改行、スペース、句読点の位置もしっかり意識するとさらに文章が読みやすくなるんですね。

 

ひたすら文字だけが新聞みたいにギュッーっと詰まった見た目になっていると、ソレだけで読む気が失せる人も多いわけです(笑)

 

ってか、ENO自身がそういう人です。

 

また句読点の位置とかもたまーに”ソレっておかしくね??”ってなる人が結構いるので気をつけた方が良いですね。

 

例えばやたらとたくさん文章を区切ったり、変なタイミングで句読点を使っていると、読んでいてかなり不快に感じてしまうこともあるわけですよ、、、

 

ちなみに句読点をつけるコツは実際にブログの文章を音読して文章を音読してみることをオススメします!!

 

具体的には文章を音読した時に、その句読点の位置で切ってみておかしくないかどうかチェックするワケです。

 

コレを繰り返していくうちに、だんだん自然な位置で句読点をバランス良く使うことができるようになりますっ!!

 

・ブログ記事を投稿する

 

ここまでできたらついにブログ記事を投稿して完了です!!

 

ちなみにブログ記事の投稿が完了したら、パソコンとスマホでどんな感じで表示されるのか必ず確認するように習慣化しましょう。

 

特に最近のブログ読者は圧倒的にスマホユーザーが多いので、スマホでの表示速度や読みやすさは絶対にチェックしておかなければいけません。

 

ブログ記事の書き方に関してよくある疑問をまとめてみた

最後にアフィリエイトブログ記事の書き方に関して良くある質問に一つ一つENOが回答していきます!!

 

・Q.記事のタイトルは何文字がいいの?

記事のタイトルは、長すぎず短すぎずが理想です。

 

ちなみにENOの場合は複合キーワードで3つくらいのキーワードを入れることを徹底しています。

 

ただしGoogleでネット検索された時に表示されるのが32文字くらいなので、大事なキーワードは前半の32文字の中に必ず入れるように気をつけましょう。

 

・Q.ブログ記事を投稿するのにオススメの時間帯は?

 

ぶっちゃけENOはあまり気にしてないですね(笑)

 

でも毎日更新するのであれば、決まった時間に投稿することによって、アナタのファンが定期的に見てもらえる確率は上がると思います!!

 

また通勤や通学時間、お昼休みや夜寝る前などは比較的ブログへのアクセスが集中しやすい時間帯の前に投稿しておくのが個人的にはオススメですね。

 

・Q.記事のタイトルを決めるタイミングは記事を書く前と書いた後のどっちにした方がいいの?

 

コレはあなたの好みでやりやすい方でいいですね。

 

個人的にはブログ記事を書く前に決めた方が記事の内容がブレないしSEO対策にもなるので、記事を書く前に記事タイトルを決めた方が効率が良いと思っています。

 

・Q.記事のタイトルは後から変更てもいいの?

 

もしすでに何かのキーワードでGoogleで上位表示ができているなら、記事タイトルの変更はしない方が良いです。

 

逆にGoogleで上位表示できていない記事は好きなように変えてもいいと思っています。

 

ちなみにENOはGoogleで上位表示できていた記事のタイトルをちょっと変えただけで、検索順位がガクッと落ちちゃった苦ーい過去があります(笑)

 

ですので、上位表示できている記事のタイトルを頻繁に変えるのは絶対にやめた方が良いですね!!

 

・Q.記事の中身のキーワードの数・割合って考えた方がいいの?

 

”SEO的に文章全体に対してキーワードが出現する割合”を気にした方が良いっていうブロガーさんって結構いるんですよ。

 

ちなみにENOは一回も”キーワード出現率”を意識してブログ記事を書いたことはありません(笑)

 

なぜなら、キーワード出現率を意識してしまうとブログ記事が全然書けなくなってしまうからです、、、

 

そんなことよりも”読者の役に立つ記事をわかりやすく書こう!!”と意識して文章を書けば、自然とキーワードを含んだブログ記事になるのでキーワード出現率は気にせずに書くことをオススメします!!

 

・Q.ぶっちゃけ記事のタイトルのキーワード、毎f回考えるのしんどいんだけど、、、

 

ちなみにENO自身もも超面倒臭がりな性格なので、その気持ちは痛いほどよーく良くわかります(笑)

 

でもせっかく時間と労力と愛情をかけたブログ記事がGoogleで上位表示されなかったり、読まれなかったりしたら超悲しいじゃないですか、、、

 

一生懸命作った記事がより多くの読者に読まれるためには、ブログのタイトル決めが一番重要だと言っても過言ではないので、面倒臭くても毎回しっかりとキーワードを決めましょう!!

 

アフィリエイト記事の見本のまとめ

今回の記事のポイントをまとめます。

 

この記事のまとめ

  • アフィリエイト記事の一番の見本はすでに結果を出している人から学ぶのが一番!!
  • 長文を書くときはモチベーションが高い時に書くこと
  • 最初にタイトルと見出しを作ってから文章を書けばスムーズに記事ができる
  • 読者の感情を書いて興味づけをする
  • 画像、文字装飾、行間、句読点の付け方など読者が最後までブログをストレスなく読んでもらえるように工夫する
  • 記事タイトルは32文字以内で最大3つの複合キーワードを設定する
  • すでにGoogleで上位表示できている記事のタイトルは変更しないこと

勉強でもスポーツでもブログであっても、間違いなく最初は質より”量”の方が圧倒的に大事です。

 

野球の素振りと一緒でブログ記事を書くのもとにかくひたすら記事を書き続けることが成功のために絶対に必要なワケですよ。

 

もちろんENO自身ももたくさん記事を書いてきましたし、最近は1日に少なくとも3000文字、多いと10000文字以上を書いてますので(笑)

 

毎日ブログ記事を書いていると、ブログのアクセス数やコメントなどに必ず反映されます。

 

そういった読者の反応を常に見ながら、ブログ記事の書き方を変えてみたり、内容を修正してみたり改善してみましょう。

 

 

メディアマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA