アフィリエイトは購買意欲を高める消費者心理を学ぶべし!!希少性って基本だよね!!

スポンサーリンク



 

メディアマーケッターENOです。
 
 
 
ENO
せっかく一生懸命アフィリエイト記事を書いたのに、全然成約してねぇ〜、キョェ〜ッッ!!
 
って思ったことが誰でも一度はあると思います(笑)
 
 
しっかり、アフィリエイト商品のベネフィットを読者に伝えられているハズなのに、成約数が伸びなくて悩んでいるのなら”消費者心理”を勉強してみるのがオススメです!!
 
 
今回はあなたの記事を読んだ読者が”買いたいっ!!”と思わせるための消費者心理について解説していきます。
 
 
 
 
ダイヤモンドや石油って価値があるじゃないですか?
 
 
このように、簡単に手に入るものほど価値が低く、なかなか入手できないものほど価値が高い現象のことを”希少性の法則”って言うんですね。
 
 
例えば、
 
  • △△に気づいた方はセンスが良いです!!
  • 〇〇名様限定!!
  • 〜までの期間のみ!!
 
という感じで、数や期間を限定したり読者のセンスを褒めて行動させるテクニックがいろんなセールスに応用されていますからね。
 
 
人間って”限定”されちゃうと思わず注目しちゃうものなんですよ(笑)
 
 
あなただって、
 
「 ヤバっ、このチャンスを逃したらもう二度とコレって手に入らないんじゃねー、、、 」
 
って感じたことが一度はあるハズです。
 
 
ですので、アフィリエイト記事を書くときはこの”希少性の法則”をよく意識して購入者特典などをつけて、
 
  • 数量限定
  • 期間限定
  • タイムセール
 
などを効果的に読者にアピールすることによって読者を”今買わなきゃ!!”っていう心理状態にさせることが重要ですから。
 
 
また、よくテレビの通販番組でも、
 
「 今から30分以内にご購入の方限定で〇〇をプレゼント!! 」
 
なーんていうテクニックをよく見かけると思います。
 
 
つまり、それだけセールスにおいて”希少性の法則”って超重要だってことです!!
 
 
ちなみに、効果的なセールスライティングのテクニックは以下の記事を参考にしてみてくださいね。
 
 
 

スポンサーリンク



 

消費者心理2:反復性効果

 
この”反復性効果”っていうのは、同じフレーズを何度も読者に伝えることによって、相手の意識が変化しやすくなるっていう現象のことを言います。
 
 
ちなみに、私は暗記が苦手なので、本を読んだりネットでリサーチをやっている時に、
 
「 コレって超大事じゃんっ!! 」
 
って思ったら、すぐにスマホのメモ帳に記録して、定着するまで何度も繰り返し眺めることを習慣化しています。
 
 
また、印象的なキャッチコピーが繰り返し流れるテレビのコマーシャルなどでも広く使われていますよね。
 
 
つまり、人間って一回だけ見たり聞いたりしても記憶に定着しにくいワケです(笑)
 
 
ですので、何度も何度も同じことを繰り返し発信して相手を説得する効果を高めるっていうテクニックがいろんなところで使われているんですね。
 
 
また、WEBマーケティングにおいて、
 
「 同じ顧客に同じ情報を繰り返し3回発信することが有効 」
 
とも言われていますから。
 
 
なぜなら、情報発信者のメッセージは3回発信しないと本当の意味が相手に伝わらないからなんですね。
 
 
つまり、しっかりとアフィリエイト記事を作ったのであれば、読者の成約をただ待つのではなくて、読者に3回は見てもらえるように、メルマガ、SNS、ブログ記事の導線をしっかり作っておくことが大事ですね!!
 
 
アフィリエイト記事の詳しい書き方は以下の記事を参考にしてみてくださいね。
 
 
 

消費者心理3:心理的財布

 
例えば、5000円で合コンに参加して相手が全員自分のタイプじゃなかったらめっちゃガッカリするじゃないですか(笑)
 
 
その一方で、同じ5000円だったとしても、合コンの相手が全員自分のタイプだったら、
 
「 いゃ〜、今日はめっちゃアタリだったわぁ〜!!ルンルンっ!! 」
 
ってテンションMAXになりますよね!!
 
 
こんな感じで同じ価値であったとしても、状況によって経済的な価値が異なる心理現象を”心理的財布”って言うんですよ。
 
 
ちなみに、アフィリエイトブログの記事を書くならこの”心理的財布”を大きくしてあげる必要があります。
 
 
よくトップアフィリエイターが使っているテクニックは、”消費行動”という意識を極限まで小さくして、
 
「 コレはあなたの未来への投資なんですよー!! 」
 
とそれとなーく示してあげるのがコツです。
 
 
ちなみに、アフィリエイト記事の外注化をして自分のブログに投資することも検討してみてはどうでしょうか?
 
 
 

スポンサーリンク



 

消費者心理4:自尊心仮説

 
自分でなかなか物事を判断できない人って、自身に満ち溢れている人に説得されやすい傾向があるじゃないですか?
 
 
コレを”自尊心仮説”って言うんですね。
 
 
つまり、自分で決断できない人は他人の意見にかなり影響されやすく、相手に強い決断を迫られると、その人の言いなりになりやすいんですよ。
 
 
ネット検索であなたのアフィリエイトブログにやってくる読者は、何か問題を持っていたり、解決したい悩みを抱えている”迷える子羊”なワケです。
 
 
そこで、あなたが良きアドバイザーとして自信たっぷりに問題を解決する方法としてアフィリエイト商品を紹介すれば、読者の行動を促すことができます!!
 
 
ちなみに、アフィリエイトブログで大きく稼ぐにはDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)の知識が必要なので、ぜひ以下の記事を参考にしてくださいね!!
 
 
 

消費者心理5:スリーパー効果

 
新規でやってきた読者に対して、いきなりアフィリエイト商品のセールスをしても絶対に成約しません(笑)
 
 
なぜなら、読者に商品を購入してもらうためには”信頼関係”を構築することが絶対に必要だからなんですね。
 
 
 
そして、新規の読者はまだ信頼関係が構築できていないワケです、、、
 
 
そこで大事なのが、”スリーパー効果”なんですね。
 
 
ちなみに、スリーパー効果とは読者がセールスページを読んだ直後は説得されにくいのですが、時間が経過すると情報と信頼が切り離されて、”説得の効果だけが残る”っていう現象のことです。
 
 
はいっ、超わかりづらいですよね(笑)
 
 
もっと噛み砕いて説明すると、初めのうちは信頼関係がなかったとしても、情報発信を継続することで徐々に信頼関係が構築されるってことです。
 
 
そして、このスリーパー効果を高めるにはブログやメルマガで読者に対して常に質の良い情報発信を継続することが大事ですから!!
 
 
まだ、ブロフの文章作成に慣れていない方は以下の記事を文章作成の基本を身につけてくださいね!!
 
 
 

スポンサーリンク



 

アフィリエイトは購買意欲を高める消費者心理を学ぶのまとめ

 
 
今回の記事をもう一度おさらいしましょう。
 
この記事のまとめ
  1. 希少性の法則:数や期間を限定したり読者のセンスを褒めて行動させる
  2. 反復性効果:読者に3回は情報を伝える
  3. 心理的財布:同じ価値でもより価値を感じてもらえるようにする
  4. 自尊心仮説:自信を持って紹介すべし
  5. スリーパー効果:良質な情報発信を継続して信頼関係を構築する
 
 
今回紹介した消費者心理はアフィリエイトだけではなくて、他の業界でも営業マンがよく使うテクニックなんですね。
 
 
そして、消費者心理をうまく使って、アフィリエイトする商品のベネフィットを伝えることができれば成約率もどんどん上がっていくハズです!!
 
 
なかなかアフィリエイトの成約が取れない方はぜひ消費者心理に関して詳しく勉強してみてはどうでしょうか?
 
 

関連記事

↓関連記事はコチラ↓
 
 
 
メディアマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA