アフィリエイトで面白い記事の書き方を大暴露!!本当は絶対に教えたくないけど、、、

スポンサーリンク



 

メディアマーケッターENOです。
 
 
 
「 ”読書感想文”さえまともに書けないお俺がどないして面白い文章書くねーんっ!! 」
 
って自分に全く文才がないことに悲観していたこともあったんですよ、、、
 
 
でも、今では”面白い文章”をかくキホンが頭に入っているので、ブログ記事を書くときに迷いが無くなりました。
 
 
自分で面白い文章って書いちゃうとかなりハードルが高くなりますが、今自分が記事を書くときに気をつけている全てのノウハウを一切出し惜しみすることなく公開しちゃうので、ライティングが苦手な人はぜひ最後まで読んでくださいね!!
 
 
 
 
これ、スーパー重要ですっ!!
 
 
どんなに文章の内容が良くても、記事タイトルがクリックされなければ誰にも読まれないワケです、、、
 
例えば、
 
  • コレさえ押しさえておけばオッケー
  • ブログをやっている9割の人がまだ知らない〇〇
  • 稼いでいる人は絶対にやっている〜
 
なーんてタイトルだとちょっと気になりませんか?
 
 
「 おっ、ちょっとだけ見て見よっかなぁー っ!!」
 
って少しでも思ってもらえれば、読者はあなたの記事タイトルをクリックしてくれます。
 
 
そして、読者に考える暇を全く与えずにクリックさせるタイトルを考えることが大事です。
でも、いわゆる”釣り”のタイトルだけは絶対にやめましょう、、、
 
 
クリックしてもらわなければ意味がありませんが、クリックしてもらうだけでもいけませんから(笑)
 
 
もちろん、読者を惹きつける強烈な記事タイトルをつけられるようになるにはかなり時間がかかってしまいます。
 
 
それでも、アフィリエイトブログでお金を稼ぐには絶対必須のスキルなので、毎回気合いを入れて記事タイトルは考えましょう!!
 
 
魅力的な記事タイトルを考えられない人はその他のアフィリエイターに埋もれてしまいますからね、、、
 
 
ちなみに、記事タイトルのポイントは以下の記事を参考にしてみてくださいね!!
 
 
 

スポンサーリンク



 

面白い記事の書き方2:読者の感情を動かす

 
面白いブログ記事を書くテクニックとしてわざと読者をイラっとさせるのもアリです
 
 
例えば、上記の文章のように、
 
「 他のアフィリエイターに埋もれてしまいますから、、、 」
 
なぁーんて書かれたら普通はイラっとするじゃないですか?
 
 
ごめんなさい、コレわざとやってます(笑)
 
 
わざと読者をイラっとさせることを書いて感情を揺さぶるテクニックなんですね。
 
 
実は、読者を怒らせるっていうのも大事なコピーライティングのテクニックの一つですから。
 
 
ちなみに、”好き”の反対語は”無関心”です、、、
 
 
つまり、なーんの関心も持ってもらえないよりかは、読者に嫌われた方がよっぽど良いってことなんですよ!!
 
 
なぜなら、読者の感情が動くってことはアナタに興味があるっていう証拠ですからね。
 
 
ですので、こういうライティングテクニックで読者の感情スイッチを強制的に押しちゃうワケです(笑)
 
 
もちろん、読者の感情の動かし方には他にも、
 
  • 共感してもらう
  • なるほどっと納得させる
  • クスッと笑えるネタをブチ込む
  • 読者の心情を代弁して言ってあげる
 
など色々あります。
 
 
ちなみに、”感動する話”ってSNSなどで共感したいって感情が芽生えるので、シェアされやすいのでオススメですね!!
 
 
特にフェイスブックをやっている方は、ぜひ”感動系の話”を投稿してみてください。
 
 
今まで、なーんも考えずにブログ記事を書いていたのであれば、ぜひ”読者の感情を動かす”っていうコトを意識してみましょう。
 
 
ドッカァァーンッと読者が増えますからね!!
 
 
読者の感情を動かす文章の書き方は以下の記事を参考にしてみてくださいね!!
 
 
 

面白い記事の書き方3:方向性を明確にすること!!

 
ブログ記事って、
 
「 誰に、何を、どのように伝えるのか? 」
 
ということを明確に決めておく必要があるんですね。
ココを疎かにしてしまうと、
 
「 っで、この記事って一体何が言いたいわけっ? 」
 
って感じで、全く読者に刺さらないゴミ記事が完成してしまいます(笑)
 
 
また、最近の読者ってダメって思ったらスグに他のサイトに飛んでしまうので、ゴミ記事は一切読まれないと思ってください、、、
 
 
そして、1記事の中で読者に伝えたいことがブレてしまってはいけません。
 
 
つまり、メッセージの一貫性が非常に大事なので、必ず1記事の中で読者に伝えたいことは1つに絞ることを徹底してください!!
 
 
ちなみに、読者にとってわかりやすい文章の書き方は以下の記事にまとめてます。
 
 
 

スポンサーリンク



 

面白い記事の書き方4:読者の”思考”を考える

 
コレも基本中のキホンです!!
 
 
何も考えずに、自分の書きたいことばっかり書いてもそんな記事はまず読まれませんから、、、
 
読者は常に他のブログを見るっていう選択肢があるってことを忘れてはいけません。
 
 
たとえニートであっても、全く興味のないゴミ記事を読んでいるほどヒマじゃないってことです(笑)
 
 
ですので、ブログ記事のタイトル、導入部分、最後の締めのコメントまでしっかり付加価値を提供しなければ即アウトですので、、、
 
 
例えば、この記事で伝えたいことはタイトルにある通り、”面白い記事の書き方”なのですが、冒頭部分で”大好きなラーメン屋の話”なんて書いたら、
 
「 はぁ〜っ、コイツ頭イカレてんじゃねぇーのぉ〜っ!! 」
 
って思われてオシマイですからね。
 
 
ちゃんと読者の思考をリサーチして、ニーズにマッチしたブログ記事がかけるように毎日実践あるのみです!!
 
 
 
ちなみに、ゴミ記事をリライトして不死鳥のごとく復活させるライティング方法を以下の記事にまとめているので、興味があったらぜひ読んでみてくださいね!!
 
 
 
面白い記事の書き方5:ダメな文章はゴミ箱へポイッ!!
 
実際に文章を書いてみて、
 
「 いゃっ、コレはダメじゃねー(笑) 」
 
って感じたら投稿するのは一旦保留にしましょう。
 
 
実は、私自身も投稿しないで放置している記事って結構あります(笑)
 
 
大体、書いた文章の4分の1くらいは投稿しないでゴミ箱行きになってますから、、、
 
 
毎回100%の記事を書こうとすると絶対に継続できないので、60〜80店くらいの記事をコンスタントに投稿するのが理想的です
 
 
でも、明らかに50点未満のゴミ記事が出来上がってしまったら、投稿するのはやめておきましょう
 
 
そして、あなたが面白い記事を投稿したいのであれば、時間を置いてリライトするか、スパッと諦めてゴミ箱行きにすることも必要です。
 
 
面白い記事に妥協していてはいけませんし、ブログの質が落ちるのは良くありません。
 
 
ブログを継続するコツは以下の記事にまとめています!!
 
 
 

面白い記事の書き方6:他人なんて気にしなーい

 
他人を気にし始めたら、ぶっちゃけキリがありません、、、
 
 
私やアナタよりも面白くて役に立つ文章を各位人なんて山ほどいますからね(笑)
 
 
また、周りの人と同じ行動ばっかりしている人が魅力的な人間になることって絶対にありません。
 
 
ちなみに、
 
「 私は成金が大嫌いですっ!!お金なんて1ミリも興味ありませんからっ。 」
 
なーんて言っちゃってる人がいますが、コレって自分を正当化しちゃってるだけですから。
 
 
お金を稼ぐこと自体は悪いことではありませんし、ブログを継続して運営していれば必然的にお金が稼げるようになりますからね。
 
 
そして結局は、
 
「 やっぱり、この人の言ってるコトって他の人と全然違うわぁ〜っ!! 」
 
って思ってもらえないと、他の情報にどんどん埋もれていってしまうワケです、、、
 
 
ですので、
 
「 他人のことなんて一切気にせず、どんどん自分のペースで記事を書く!! 」
 
ことが一番重要ですからね!!
 
 
また、ブログ記事の文章構成で差別化するともっといい感じの文章が書けるようになりますよ!!
 
 
 

スポンサーリンク



 

面白い記事の書き方7:自分で必ず文章を読み返す

 
コレって結構やっていない人が多いんですよねー(笑)
”1日1記事を絶対に書くぞー”って意気込んでやってる人ほど自分の記事をちゃんと読み返していません、、、
 
こういう人って”読者に良質な記事を提供する”ってコトよりも、”1日1記事投稿する”ってことが目的になってしまっているワケですよ。
 
 
コレじゃあ、本末転倒ですよね。
 
 
ブログ記事っていうのは、”ブログの読者”のために書くものですから。
 
 
中華料理店だって料理を提供する前に必ず”味見”をして美味しい料理のみをお客様に出しますよね?
 
 
もちろん、ブログだってコレと同じで提供する前にしっかりと文章を読み返してチェックする必要があるワケです。
 
 
コレを怠ると、
 
「 せっかく3ヶ月かけて100記事も投稿したのに、全然アクセスが集まらねぇ〜っ、オワタっ!! 」
 
って嘆くヘッポコアフィリエイターになり下がりますから。
 
 
ですので、投稿する前に必ず自分で文章を読み返して読者にゴミ記事を提供しないように気をつけましょう!!
 
 
ちなみにブログのアクセスアップのイメージはコチラの記事を参考にしてみてくださいね!!
 
 
 

まとめ

 
今回の記事をサラッとおさらいすると、
 
 
  • 読者の”感情”を揺さぶるタイトルを考える
  • 読者の感情を動かす
  • 方向性を明確にすること!!
  • 読者の”思考”を考える
  • ダメな文章はゴミ箱へポイッ!!
  • 他人なんて気にしなーい
  • 自分で必ず文章を読み返す
 
の7つの面白い記事を書くコツをご紹介しました。
 
 
ちなみに、この記事って実は4000文字以上あるんですね(笑)
 
 
でも、サラッと読めちゃった人にとっては役に立つ面白い記事だったってことです。
 
 
まだ面白い文章を書く自身がない人はぜひ、今回紹介した面白い文章の書き方のコツを常に頭にいれながら記事を作成してみてはいかがでしょうか?
 
 

スポンサーリンク



 

関連記事

↓関連記事はコチラ↓
 
 
 
メディアマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA