Webマーケティング入門|文章構造のひな形をマスターして飽きずに読んでもらう!!

Webマーケティング入門|文章構造のひな形をマスターして飽きずに読んでもらう!!

スポンサーリンク



 

メディアマーケッターENOです。

 

ENO
Webマーケティングの入門としてブログ文章の構造についてもっとよく知りたいなー!?

 

Webの文章構造にひな形があるって知ってましたか?

 

今回の記事では”Web文章のひな形で読者が飽きない記事を書くポイント”をしっかり解説していきます!!

 

Web文章のひな形を知らないって人は必ず最後まで読んでくださいね!!

 

Webマーケティング入門|文章構造のひな形をマスターして飽きずに読んでもらう!!

Webの文章には”ひな形”があるって知っていましたか?

 

このひな形を知らない人って結構多いですし、我流で文章を書いても支離滅裂で結局何が言いたいのかわからない文章が完成します(笑)

 

有名なブロガーの文章をちょっと意識して分析すればすぐにわかりますが、

 

  1. 導入文
  2. 本文
  3. まとめ

 

の3構造になっているハズです。

 

・Web文章のひな形1:導入文

 

まずは”導入文”ですが、コレは読者の興味をグッと惹きつけるのが1番の目的なワケですよ。

 

導入文のポイントとしては、

 

  • 読者への投げかけ
  • 結論を一言で
  • 読者へのアクションを促す

 

の3つが入っていればオッケーですね。

 

この導入文はワードプレスのサブスクリプションとしても使えるので、だいたい150文字以内で作るのがオススメです!!

 

・Web文章のひな形2:本文

 

次に”本文の書き方”ですが、

 

  • キャッチーな小見出し
  • 結論を先に書く
  • 理由も必ず書く
  • 具体例と例え話で肉付け

 

って感じで文章を書けば読者も納得しながら読み進めてくれますから。

 

特にWebの文章は読者はすぐに結論を知りたがる傾向がかなり強く、真っ先に結論を主張しないとどんどん読者が離脱します(笑)

 

だいたい1つのブログ記事に対して、5〜6個くらいの小見出しを作って1センテンスあたり500文字くらいにすれば、Googleからもしっかり評価される質の高い記事が出来上がりますよ!!

 

・Web文章のひな形3:まとめ

 

この記事の内容のポイントを箇条書きでサラッと復習する感じですね。

 

そして、記事の最後にはアナタ独自のコメントを必ず書いて、読者へのアクションを促してビシッと締めましょう!!

 

スポンサーリンク



 

良いWebの文章構造とは?

良いWebの文章構造とは、

 

「 結論ファースト 」

 

で絶対に書くってコトなんですね。

 

なぜなら、Webの文章を読む人って”超飽きやすい”からです。

 

ちなみに、本や雑誌などの紙媒体の文章構造と、Web媒体の文章構造の違いが何だかあなたはわかりますか?

 

その答えはすでに上記で書いたように、”Webの文章は飽きられやすい”ってコトなんですね(笑)

 

本や雑誌などの紙媒体は”自分でお金をわざわざ払って読む”ので、かなり強い目的意識が存在するワケです。

 

その一方で、無料で見ることができるWebの文章は”SNSなどでたまたま見かけただけ”っていう理由がほとんどですから、、、

 

しかも、Webの文章ってクリック一回で他のサイトに簡単に移動しちゃうので、読者の気が散りまくります

 

ですので、特にWeb媒体の文章は必ず”結論ファースト”を心がけて、読者の感情をギュッと鷲掴みにする必要があります!!

 

最初はアウトラインから作るのがオススメ!!

Webで文章を書くときは”アウトライン(目次)”から書くのがオススメです。

 

なぜなら、最初にアウトライン(目次)を作ることでブログ記事の大きな流れが完成するので、全体としておかしな文章にならないからなんですね。

 

しかも、あらかじめアウトラインを作ることでブログ記事の執筆時間の短縮もできますし、外部のライターに記事の発注も可能ですから。

 

具体的には、

 

  • 記事タイトル
  • 読者の問題や悩み
  • 導入文
  • 解決策
  • 主張の根拠
  • 具体例と例え話
  • まとめ

 

って感じでそれぞれを”小見出し”としてまとめてから、各小見出しの文章を肉付けしていきましょう!!

 

特にまだブログ記事がスムーズに書けなくて悩んでいる方は、あらかじめこれらをリストアップしておくことでスムーズにブログ記事を執筆できるハズですから。

 

スポンサーリンク



 

ジェットコースターのように読者の感情を揺さぶれー!!

Web媒体の文章は”ジェットコースター”であるべきです!!

 

なぜなら、ジェットコースターは最初から最後まで一気に駆け抜けて搭乗者を一切飽きさせることがないからですね。

 

ディズニーランドや富士急ハイランドのジェットコースターに乗った時のことを思い出してみてください。

 

最初は果てしない登り坂をズンズン登って、ドキドキが最高潮に達した瞬間、ガーッと一気に急降下しますよね。

 

しかも途中でそのスピードは一切落ちることなく、あっという間にコースを走り抜けて気がついたらゴールにいる、、、

 

こういったジェットコースタータイプの文章を常に心がけると、読者も最後まで飽きずに記事を読んでくれますから。

 

具体的にジェットコースター型文章のポイントをまとめておきます!!

 

ジェットコースター型の文章のポイント

・導入文は短く(150字以内)

・導入文のあとにすぐ結論を書く

・各センテンスはキャッチーな小見出し、結論、理由、具体例で500文字くらい

・時には箇条書きもうまく使って見やすく、わかりやすくする

・固有名詞や数字を使って強いフレーズを入れる

 

Webで伝わりやすい文章構造とは?

Web媒体で伝わりやすい文章構造とは”ピラミッド構造”です!!

 

具体的には、”見出し→結論→理由→具体例”のピラミッドを意識するのがオススメです

 

なぜなら、最初に読者へ主張したいメッセージがあり、次に理由を説明することで”結論→理由”という流れができ、メッセージが正確で根拠のある文章が完成するからなんですね。

 

私も毎日毎日いろんなキーワードでネットサーフィンしてますが、読みにくい文章、わかりにくい文章って本当に最悪です、、、

 

だいたい共通点としては、”文章構造が全くない”ってコトですね。

 

話があっちにいったり、こっちにいったりするので結局何が言いたいのか分からないからマジで読む気が失せます(笑)

 

ですので、ブログ記事を書く場合は必ず”キャッチーな小見出し→結論→理由→具体例”という文章構造を意識しましょう!!

 

スポンサーリンク



 

文章構造のひな形をマスターして飽きずに読んでもらうのまとめ

今回の記事のポイントをまとめます。

 

この記事のまとめ

・Web文章のひな型は”導入文、本文、まとめ”がテッパン

・良いWeb文章は必ず結論ファースト

・記事を書くときはアウトライン(目次)から書くべし

・ジェットコースターのような文章で読者の感情を揺さぶれー!!

・”キャッチーな小見出し→結論→理由→具体例”のピラミッド構造で伝わりやすい文章を書く

 

何事もまずは”真似る”ことからスタートしますよね?

 

もちろんWeb文章だって同じワケで、まずは今回ご紹介したひな形をマスターしてじゃんじゃんコンテンツを増やしていきましょう!!

 

うまくブログ記事が書けない方は、”自分がうまいと思うブロガーの文章を真似る”ことからスタートしてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事

↓関連記事はコチラ↓

Webマーケティングの基礎は4Cでお客様視点で考えるコト!!

2018.11.30

WebマーケティングでTwitter集客を総ナメ!!インフルエンサーとトレンドに便乗しろ!!

2018.11.30

Webマーケティング:ブログ記事をFacebookとTwitterに自動で流す方法!!

2018.11.29

WebマーケティングはFacebookで集客が基本!!エッジランクを知るべし!!

2018.11.27

Webマーケティングで売れ筋の商品ジャンルをリサーチ!!競合ブログで研究!!

2018.11.25

 

メディアマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA