アフィリエイト記事なんて書きたくない?ブログ記事には役割がある!!

スポンサーリンク



 

メディアマーケッターENOです。
 
 
 
ブログアフィリエイトについての悩みでダントツで多いのが、”どんな風にブログ記事を書けばいいのか全然わからない”というものなんですね。
 
 
もう少し深く掘り下げてみると、
 
  • 商品紹介記事を一生懸命書いても全然成約しない
  • アフィリエイトを意識してしまうと、途端に記事が全く書けなくなる
  • どうしても押し売りのセールス感が強い記事になってしまう
 
などの悩みが多いです。
 
 
確かに、ブログアフィリエイトにおいて記事の書き方が一番重要なので、コレってかなり深刻な問題ですから。
 
 
でも、ちょっと冷静になって考えることで、読まれる記事を書くことも、商品が売れる記事を書くことも、誰でもできるようになるんですね。
 
 
今回は、ブログ記事を書く上で根本的な考え方から、読まれる&売れる記事の書き方まで、ゼロから徹底的に解説していきますっ!!
 
 
もちろん、ブログ記事の書き方は人それぞれですので、あなたの参考になりそうなところだけを自由に選びとって自分のブログ記事作成に活かしてみてはどうでしょうか?
 
 
 
 
まず、なぜあなたがブログ記事を書くのか、その目的をはっきりさせておく必要があります。
 
 
ソレさえ分かっていれば、
 
「 ブログ記事で何を書いたらいいかさっぱりわからない、、、 」
 
という状態からはスグに抜け出せるハズですから。
 
 
ここでちょっと話は変わりますが、アナタに質問です。
 
 
「 人はなぜ、物を買うのでしょうか? 」
 
 
マーケティング、コピーライティング、行動心理学を少しでも勉強したことがある人なら、聞いたことがあるかもしれません。
 
 
人が”物を買う”という行動を起こすのは、主に以下の2パターンの時なんですね。
 
 
  • ”快楽”を得るため
  • ”苦痛”を避けるため
 
 
この2パターンのどちらかに当てはまると言われていますから。
 
 
例えば、自分の体型に悩んでいてダイエットができるサプリメントを買う人は、”苦痛”を避けようとしているパターンなんですね。
 
 
その一方でビジネスマンが、
 
「 英語を勉強して海外で働きたいな!! 」
 
と思って英会話教室に通うのは、”快楽”を得るためだと言うことができます。
 
 
 
苦痛を避けて、快楽を得たい。
 
 
コレって人間であれば、誰もがそう思うハズです。
 
 
ですので、
 
「 この2つに当てはまるブログ記事を書けば、読者は必ず読んでくれるじゃん!! 」
 
ってことなんですよ。
 
 
そして、基本的に以下で解説する2つのことから大きく外れなければ、必ず読者に求められるブログ記事が書けるようになります。
 
 
アフィリエイトの記事では”コピーライティングスキルが必要”だとか、”ブログの記事構成が大事”などと言われるかもしれませんが、実はもっと大事なところは別にあるんですね。
 
 
ソレはアフィリエイトでお金を得ることができるのは、アナタが”読者の求めている情報”を与えられたことによる対価です。
 
 
そして、アナタの読者はその情報を信用して、商品をお金を出して買ってくれるのです。
 
 
ですので、中心にいるのは常に読者であり、商品でもお金でもありません。
 
 
中心に置くものを間違えてしまうと、途端に読まれなくなって商品が売れなくなるので、この点だけは必ず注意してくださいね。
 
 
 

・ブログ記事を書く理由1:読者の悩みを解決するため

 
ブログ記事を書く理由の一つ目は、”苦痛を避けるため”に当てはまります。
 
 
コレは物を買うだけではなくて、ネット検索するときも、苦痛を避けたいと思っている人が非常に多くいるわけです。
 
 
実は、私自身もそうでだったんですね。
 
 
”十分な収入”と”自由な時間”がどうしても欲しく悩んでおり、朝から晩までひたすらネットの情報を探し回っていたわけです。
 
 
ですので、真剣に悩む人の気持ちが本当によくわかります。
 
 
そして、”苦痛”を避けたい読者のために、まずアナタが書くべきブログ記事は、”読者の悩みを解決してあげる記事”なんですね
 
 
あなたのブログ記事によって読者の苦痛を取り除くことができれば、あなたは読者からものすごく感謝されるわけです。
 
 
コレは私自身もそういう経験があり、”ブログの記事更新を一生懸命やって本当によかった”と心からそう思いましたから。
 
 
ですので、”アナタはどうしてブログ記事を書くのですか?”と聞かれたら、”読者の悩みを解決するため”と即答します!!
 
 
 

・ブログ記事を書く理由2:読者を楽しませるため

 
ブログ記事を書く理由の二つ目は、”快楽”を得るために当てはまるものです。
 
 
”何か面白いことないかなー”と思ってネット検索してくる人は、こちらのパターンですね。
 
 
そういう読者をターゲットにするのであれば、楽しませることつまり、”快楽”を感じてもらうことを目的としてブログ記事を書きましょう。
 
 
このように、ブログ記事を書く目的と言うのは大きく分けて2パターンあるわけです。
 
 
こういうことを書くと中には、
 
「 読者なんて関係ねぇ、自分の書きたいことを自由に書けばいぃんだよっ!! 」
 
と言う人がいるのですが、そんな記事ばかり書くと、稼げないどころか読者に読まれもしませんから。
 
 
ですので、常に中心には”読者”がいるってことを絶対に忘れないでください。
 
 
お金を稼ぐことを目的として、ブログアフィリエイトで実際に結果を出している人はたしかにたくさんいます。
 
 
そういう人は一見読者目線ではないように感じるかもしれないのですが、実はそうではなくて、しっかりと読者の気持ちを理解できているんですね。
 
 
アフィリエイトでしっかり稼げている人というのは、対価としてお金をもらっている時点でちゃんと読者の求める情報や価値を提供している人なのだと言うことができます!!
 
 
そして、ブログ記事を書くことをもっともシンプルに言うと”読者にしっかりと記事を読んでもらうため”ですから。
 
 
ですので、読者の”苦痛”を取り除くか、”楽しませる”ことができればどんどん読まれるブログに成長していきます!!
 
 
つまり、どちらも結局は”読者のため”であり、読者の気持ちさえ考えることができれば、必ず読まれるブログ記事が書けるようになります。
 
 
 

スポンサーリンク



 

アフィリエイトブログの記事の種類について

 
アフィリエイトブログ運営やって大量の記事を書いたり、トップアフィリエイターのブログをよーく観察することで、成功しているブログの記事には、それぞれ役割があることに気がついたんですね。
 
 
実はその役割は、3種類あってキーワードは”情報、感情、稼ぐ記事”です。
 
 
ここでは3つに分けて説明していますが、実際にはそれぞれの記事がうまく絡み合っているのでトップアフィリエイターの記事をよく観察して研究してみてください
 
 
とにかく、上記の要素が絡み合ってブログが出来上がっていくんだなあとなんとなくでもイメージしておくだけで今後のブログ運営が変わってくるハズです。
 
 
それではブログ記事の役割について一つずつ解説していきますね。
 
 
 

・ブログ記事の役割1:情報を伝える記事

 
ブログ記事の一つ目は、情報を伝える記事です。
 
 
例えばアフィリエイトで言うなら、
 
  • たった三ヶ月で1日2000PV集める方法
  • 月収100万円稼ぐブログ運営メソッド
  • 毎日無理なく継続できるブログ記事の書き方
 
こんな感じの記事ですね。
 
 
具体的に言うと、読者の役に立つ情報やノウハウ、悩みを解決するブログ記事です。
 
 
ちなみに、私はブログのアクセスが全然集まらない段階の頃はずっとこの種類の記事をひたすら書き続けました
 
 
この情報を伝える記事をひたすら積み重ねていくと、新規の読者の接点が増えて、読者からの信用関係を築くことができます。
 
 
しっかりと読者に有益な情報を伝えようとする姿勢は文章を通して伝わりますので、読者の気持ちを考えて丁寧に記事を書いていくようにしましょう。
 
 
 

・ブログ記事の役割2:感情を伝える記事

 
ブログ記事の役割の二つ目は、感情を伝える記事です。
 
 
有益な情報に加えて、人の心を動かすのは感情を揺さぶることも非常に大事なんですね。
 
 
例えば、「こういう情報が良いです!!」書くだけだと、読者は「へぇ〜、なるほどね、、、」で終わってしまうわけですよ。
 
 
でもそこで、
 
「 このノウハウってスゴく立つんですよ!!自分で実際に試してみたらたったの一週間でブログのPV数が一気に3倍になりました!!いやーっ、コレはテンションがかなり上がっちゃいましたねぇー。ちなみに何をやったかと言うと、実は〇〇を毎日記事にして書いただけなんです、、、 」
 
みたいに具体的に書くと、
 
「 おぉっ、ソレはすごいな!!っで、何をやったの? 」
 
って感じで積極的にブログ記事を読んでくれるようになりますから。
 
 
つまり、情報だけでなくて、それについてブログ運営者がどう思っているか”感情”を上乗せして書くってことが大事なんですね。
 
 
  • 嬉しかった
  • 楽しかった
  • いい感じだった
  • ちょっと嫌だった
  • 悲しかった
  • めっちゃムカついた、、、など
 
こういう感情を積極的に伝えていけば、ブログの文章にだけでも、読者はあなたの人間味が感じられるようになっていきます。
 
 
そうすると読者との距離が近くなって、親近感を持ってもらえるようになります。
 
 
有益な情報=読者の信用、運営者の感情=親近感みたいな感じで、あなたと読者との距離をどんどん縮めていくことがカギです。
 
 
 

・ブログ記事の役割3:商品やサービスを紹介する記事

 
読者に有益な情報と感情を伝えることによって、あなたのブログはどんどん人気が出てきて、読まれるようになっていきます。
 
 
でも、実はソレだけではお金を稼げるようになりません、、、
 
 
もちろん、Googleアドセンスのようにクリック報酬型広告であれば、アクセス数が伸びるだけで収入も増えていきます。
 
 
その一方で、商品やサービスを読者が購入することで収入が入る”成果報酬型アフィリエイト”だと話が変わってくるわけです。
 
 
ちなみに、読者が商品を購入して契約が成立すること、コンバージョンと言ったりします。
 
 
このコンバージョンを狙った記事も、しっかりとブログに織り交ぜていく必要があるんですね。
 
 
そして、”コンバージョンに繋がる記事”とは、
 
  • 買った商品の体験記事を書く
  • ブログの情報にマッチした商品紹介をする
 
上記の2パターンの記事を織り交ぜていくとあなたのブログでうまくマネタイズ(収益化)することができるようになります。
 
 
つまり、ブログでお金を稼ぐには、情報と感情を伝えるだけでなくて、しっかりとマネタイズすることも意識するようにしましょう。
 
 
ブログでうまくマネタイズできれば、稼いだお金を自分に投資して新しい体験をすることができますし、その新しい体験をネタにして読者に還元することができたり、ブログ運営うまく回ってが楽しくなってきますから。
 
 
中には、”稼ぐこと=悪いこと”と考えてしまう人がいるのですが、しっかりマネタイズできるところはどんどんやって、自分のスキルの幅をどんどん増やすことをオススメします!!
 
 
 

アフィリエイト記事の役割のまとめ

 
今回は3種類のブログ記事の役割について紹介したのですが、それぞれの記事の割合はどれくらいが理想的かというと、私の場合は、情報5:感情3:お金2くらいの感覚で運営してます!!
 
 
もちろん、コレはあくまでも私の場合なので、人によって割合は調整しても良いと思います。
 
 
ただ、個人的な感覚として、
 
「 商品紹介ばっかりされてもウザいし、本当に良いと思ったものだけ紹介する!! 」
 
というポリシーでブログを運営しているので、その結果こんな感じになってます(笑)
 
 
また、今までに投稿済みの”情報を伝える記事”をリライトして、商品紹介リンクを入れることで”稼ぐ記事”に変わるので、多少割合が変わったりもしますね
 
 
ただし、最初から記事の割合を気にし過ぎると記事が書けなくなってしまうのである程度の100記事くらいまではあまり意識しくてもオッケーです。
 
 
でも、上記の3種類の記事の役割は読まれるて稼ゲルブログを作るためには絶対に必須な考えなので、ぜひ覚えておいてくださいね!!
 
 
 

スポンサーリンク



 

関連記事

↓関連記事はコチラ↓
 
 
 
メディアマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA