キャッチコピーは読者に感動を与えてハッピーをイメージさせる!!描写ではなく解決!!

キャッチコピーは読者に感動を与えてハッピーをイメージさせる!!描写ではなく解決!!

スポンサーリンク



 

メディアマーケッターENOです。

 

ENO
キャッチコピーって書いたことないんだけど、どうやって書けばいいのーっ!?

 

良いキャッチコピーの作り方を知っていますか!?

 

今回の記事では”読者に感動を与えてハッピーをイメージさせるプラスのキャッチコピーの作り方”について詳しく解説していきます。

 

これからキャッチコピーを勉強しようと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!!

 

キャッチコピーは読者に感動を与えてハッピーをイメージさせる!!描写ではなく解決!!

良いキャッチコピーの条件は”読者に感動を与えてハッピーをイメージさせること”なんですね。

 

なぜならネットで検索して何かの商品やサービスを購入しようと考えている人は”もっとハッピーになりたい!!”というポジティブな欲求を持っているからなんですね。

 

こういったポジティブな欲求を満たすためのキャッチコピーは、読者に”この商品を購入するとこんな良い未来が待っているんですよ!!”っていうイメージを描いてもらうことが非常に重要なワケです。

 

特にインターネットの場合は、リアル店舗と違って商品に触れることができませんし、店員さんとのコミュニケーションも取れません、、、

 

ですので読者がインターネットで何か商品を購入する時には”かなり強い欲求”が必要になるんですね。

 

そして”もっとハッピーになりたいっ!!”という読者の欲求を満たしてあげるキャッチコピーも用意してあげましょう。

 

こういうプラスのキャッチコピーは読者が”もっとこうなりたいっ!!”、”こんな風になれば幸せなのにっ!!”っていう感情を刺激するように作るのがコツです。

 

プラスのキャッチコピーの例

  • 家族みんなが笑顔になれる海外旅行プラン
  • 集中力が劇的にアップするリラックスBGM
  • 営業成績が4.3倍アップする目標管理手帳
  • 毎日晩酌が楽しみになるおつまみ7点セット

 

どのキャッチコピーも読者のハッピーや明るい未来がイメージできるかと思います。

 

こういう感じでプラスのキャッチコピーは読者に”気づき”を与えて、商品やサービスを購入するきっかけを作るワケなんですね。

 

スポンサーリンク



 

プラスのキャッチコピーの作り方

プラスのキャッチコピーは”この商品やサービスを購入するとどんな自分になれるのか!?”を想像しながら作るとうまくいきやすいです。

 

具体的には商品やサービスの特徴ではなくて、”ハッピーな未来(ベネフィット)”をうまく伝えることで、より一層読者に刺さりやすくなるんですね。

 

例えば以下の例文で考えてみましょう。

 

歯が綺麗になるホワイトニング

 

ホワイトニングの商品をブログで紹介する時に、”歯が綺麗になるホワイトニング”っていうキャチコピーをつけても当たり前過ぎて超つまんないですよね(笑)

 

だからといって〇〇配合とか”商品の特徴”を読者に伝えても、”コレは自分のための商品だっ!!”って気づいてもらうことはほぼ無理ゲーです、、、

 

ENOだったら、上記の例文をこんな感じで改善します!!

 

改善後

好きな人の前で笑顔になれる”ホワイトニング”

 

例えばタバコのヤニで歯が黒ずんじゃってる人が人前で笑う時に、口を手で隠しながら笑っていたとするじゃないですか!?

 

こんな感じで”黒ずんだ歯にコンプレックスを持っている人”にとっては、上記のようなキャッチコピーは”自分に関係があること”として認識するワケです。

 

プラスのキャッチコピーを作るときは、”一人の読者(ペルソナ)”を明確にし、明るい未来をイメージさせるように作るのがコツです!!

 

ただのひらめきからは良いキャッチコピーは絶対に生まれない

ただのひらめきからは良いキャッチコピーは絶対に生まれません、、、

 

なぜならひらめいた文章には、なーんの意図も思考も存在しないからなんですね。

 

良いキャッチコピーが書ける人は、

 

「 この言葉って響きが超イケてるから使っておけば間違いないっしょっ!! 」

 

っていうノリだけで絶対に言葉を選びません(笑)

 

全ての単語、句読点、文章構成など”読者にどういうメッセージを届けたいか!?”が必ず明確になっています。

 

ENOの経験上、キャッチコピーの出来は”作り手の思考量”に比例してブラッシュアップされていきますので。

 

つまり、”書く前にしっかり思考する”ってことが良いキャッチコピーを生み出す第一歩で言えますね。

 

スポンサーリンク



 

ターゲットのライフスタイルを鮮明にイメージする

より読者に刺さるキャッチコピーを作るには”ターゲットのライフスタイル”を鮮明にイメージすることが重要です。

 

なぜならターゲットの設定によって、刺さる単語やフレーズがまるっきり変わるからなんですね。

 

ちなみにENOがターゲット(ペルソナ)を設定するときはいつも以下のテンプレートを使っているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ペルソナのテンプレート

  • 名前:
  • 年齢:
  • 性別:
  • 職業:
  • 年収:
  • 趣味:
  • 興味のあること:
  • 利用デバイス:
  • 使用アプリ:
  • よく行くエリア:
  • 住所:
  • 家族構成:
  • 学歴:
  • 性格:
  • 課題:
  • 悩みや問題点:
  • テレビ:
  • 雑誌:
  • ホームページ:
  • 支出の多い分野:
  • 好きなブランド:

 

上記のテンプレートを埋めるだけでも結構明確にターゲットを絞ることができるハズですから。

 

すると漠然としたターゲットが”明確な一人”になるので、使う単語やフレーズなどキャッチコピーを作るのがグッと楽になります。

 

また”ペルソナの作り方”に関しては以下の記事でも詳しく解説しているので参考にしてみてくださいね!!

Webマーケティングの基本はペルソナの設定がキモ!!初心者はワークシートを使おう!!

2018.12.28

Webマーケティングを勉強するならペルソナを設定しよう!!読者と共通の理解が持てる!!

2018.12.05

 

キャッチコピーは読者に感動を与えてハッピーをイメージさせる!!のまとめ

この記事のポイントをまとめます。

 

この記事のポイント

  • キャッチコピーは読者に感動を与えてハッピーをイメージさせる!!
  • 商品やサービスの特徴ではなくて、”ハッピーな未来(ベネフィット)”をうまく伝えることで、より一層読者に刺さりやすくなる
  • キャッチコピーの出来は”作り手の思考量”に比例してブラッシュアップされる
  • ターゲットのライフスタイルを鮮明にイメージする

 

インターネットで買い物をする読者には必ず強い欲求があり、”もっとハッピーになりたいっ!!”っていう人にはプラスのキャッチコピーが効果バツグンです。

 

良いキャッチコピーを作るには読者のライフスタイルを明確にイメージし、ベネフィットをうまく伝えることでより刺さる文章を考えるのがコツですから。

 

今までキャッチコピーを考えたことがない方は”ペルソナの作成”から始めてみてはいかがでしょうか!?

 

 

メディアマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA