アフィリエイトブログでワードプレスを運営すべき8つのワケとは?SEOで圧倒的有利!!

スポンサーリンク



 

メディアマーケッターENOです。
 
 
 
実は、アフィリエイトブログワードプレスを使った方が良いと断言できる8つの理由があるんですね。
 
 
そして、「そもそもワードプレスって何?」という人、「ワードプレスって何がいいの?」という疑問を持っている人、ワードプレスについてまだまだ知識が浅い人に向けてしっかりと解説していきます。
 
 
これから、ブログアフィリエイトに取り組もうと考えている方、初心者の方はぜひ参考にしてみてくださいね。
 
 
 

ブログアフィリエイトやるなら無料ブログより断然ワードプレス

 
ブログアフィリエイトをやるのであれば、”はてなブログ”や”アメブロ”などの無料ブログサービスよりも、断然ワードプレスの方がオススメです。
 
 
もちろんブログの使用用途にもよりますが、メインブログとして運用するならば、ワードプレス一択と言ってもいいくらいですから。
 
 
ここからで、ワードプレスの何が凄いのかについて順番に説明していきますね
 
 
まずは、”ワードプレス”というワードの意味から解説していきます。
 
 
 

スポンサーリンク



 

そもそもワードプレスって何なの?

 
アフィリエイト初心者であれば、そもそも”ワードプレス”というワードを初めて聞くという人も多いかと思います。
 
 
ちなみに、ワードプレスを分かりやすく言えば、”ブログのシステム”だとイメージしてもらえば大丈夫です。
 
 
例えば、アメーバブログに登録しすると、管理画面にログインすれば、ブログの投稿画面や、デザイン変更ページ、サイドバーのメニューなどの管理画面がありますよね。
 
 
このように、ブログを作成するためのツールが全部そろっているのがアメーバブログを始めとする”ブログサービス”なんですね。
 
 
そして、”ワードプレス”というのはブログを作成するためのシステムそのものであると考えて下さい
 
 
ですので、ワードプレスのプログラムをサーバーにインストールさえすれば、あなたもブログ運営を始めることができるんですね。
 
 
ワードプレスの管理画面にログインすれば、投稿画面、サイドメニュー変更ページ、ブログデザインなど様々なことができますから。
 
 
 

スポンサーリンク



 

ワードプレスと無料ブログは何がどう違うのか?

 
実は、ワードプレスと無料ブログは”自由度”に違いがあるんですね。
 
 
無料ブログには様々な制約があるので、そのせいであなたのアフィリエイトビジネスに影響が出てしまいます。
 
 
【無料ブログによくある制限】
 
  • 容量が少ない
  • サブドメインでしか運営出来ない
  • デザイン変更がしにくい
  • プログラムの機能の制限
  • 必ず広告が入る(外すのにお金が必要)
  • データのバックアップが取れない(エキスポート・インポートが出来ない)
 
などが挙げられます。
 
 
ですので、長く使っていくサイト(例えば会社のオフィシャルサイト、長期運用する集客サイト、マネタイズするパワーサイトなど)は無料のブログサービスでの運用はオススメできません。
 
 
また、写真添付したり、画像をスライドで表示させたり、動画を埋め込んだり、メルマガの登録ボタンポップアップ表示させたり、ブログの表示高速化なども無料のブログサービスでは様々な制限があるので、自分のやりたいことがなかなか出来なかったりしますが、ワードプレスなら簡単に出来ます
 
 
しかも、商用ブログとして運用するには、無料ブログだとどうしても見栄えが悪くなってしまいうわけです。
 
 
やはり、”見た目が8割”という本がヒットしたことからも、ある程度ブログも見た目で判断されてしまいますから。
 
 
ですので、あなたの大切なブログほど、ワードプレスで運営することを強くオススメします。
 
 
もちろん”無料ブログ”にもメリットがあって、
 
  • 完全無料で運営出来る
  • 被リンクをもらいやすい
  • すぐに読者のアクセスが集まる
 
などのメリットもあります。
 
 
ですので、私は”無料ブログ”の全てを否定しているわけではなくて、あくまでブログの運営目的に合わせて使い分けた方が良いと思っています。
 
 
 

アフィリエイトブログをワードプレスで運用するメリットとは?

 
それでは、アフィリエイトブログをワードプレスで運営した方が良い明確な理由って何なのでしょうか?
 
 
もちろん、”無料ブログ”や”HTMLサイト”とは違った具体的なメリットが存在しますから。
 
 
以下はワードプレスを活用するメリットの一覧です。
 
 
【 ワードプレスを活用するメリット 】
 
  1. 既存のサービスによる制限がない
  2. 検索エンジンに強い
  3. カスタマイズの自由度が高い
  4. ブログのテーマ・テンプレートが豊富
  5. HTMLサイトに比べ更新が簡単
  6. インストールがシンプルで初心者でも出来る
  7. 「ウィジェット」で簡単にカスタマイズできるため、工夫がしやすい
  8. ブログ削除リスクが0
 
 
それでは、順番にしっかりと解説していきますね!!
 
 
 

・ワードプレスのメリット1:既存サービスによる制限がない

 
ちなみに、ワードプレスというブログシステムは無料で配布されているシステムなんですね。
 
 
しかも、ワードプレスは自由に使用することが出来るため、外部のシステムの影響を受けません
 
 
例えば、無料のブログサービスでよくある邪魔な広告表示なども一切ありませんから。
 
 
そして、こういった外部要因はワードプレスには一切無いので、どんな邪魔を受けることもありません。
 
 
 

・ワードプレスのメリット2:検索エンジンに強い

 
これはワードプレスユーザーにとっては当たり前のことですが、ワードプレスは検索エンジンに強いと言われています。
 
 
ちなみに、検索エンジンに強いとは“検索時に上位に表示されやすい”っていうことを意味しています。
 
 
なぜならば、ワードプレスのファイル構成が検索エンジンのクローラーの好みにマッチしているからなんですね。
 
 
もっと、検索エンジンについて解説したいのですが、SEOは奥が深すぎるのでここではあえて名前に触れる程度にしておきたいと思います。
 
 
 

・ワードプレスのメリット3:ブログカスタマイズの自由度が高い

 
自分のブログを作る場合、ほとんどの人はスカスタマイズをして運用したいと思っています。
 
 
ちなみに、無料ブログの場合だとブログのカスタマイズに様々な制限がありますが、ワードプレスにはそんな制限はありません。
 
 
また、プラグイン(アプリのようなもの)を使えばインストールをするだけで、その機能を使うことが出来るようになりますし、瞬時にあなたのブログをカスタマイズすることができます
 
 
しかも、プラグインのその数はなんと公式だけで25,000個を突破しています。
 
 
ですので、あなたが望む機能のほぼ全てがこのプラグインで対応することができるので、いろんなカスタマイズをすることができます。
 
 
 

・ワードプレスのメリット4:ブログのテーマ・テンプレートが豊富

 
実は、ワードプレスのテーマやテンプレートは驚くほどかなりたくさんあります。
 
 
なぜならば、ワードプレスというブログシステムは世界的にユーザーがたくさんいるからです。
 
 
ちなみに、海外の有名なマーケッターや国内のプロブロガーの多くもワードプレスを導入して毎日情報発信しているわけです。
 
 
そして、ブログのテンプレート製作が活発化しているので、今では無限に近い程のテーマやテンプレートがありますから。
 
 
ですので、ワードプレスで高機能なデザインを求める人はぜひテンプレートの購入を検討すると良いと思います。
 
 
しかも、基本的にワードプレスのテーマやテンプレートは安いですし、高くても1万円程で購入出来ちゃうので、積極的に活用していきましょう。
 
 
もちろん導入も簡単で、サーバーにテンプレートをアップして、管理画面でテンプレートの”有効化”を選択するだけですから。
 
 
コレならパソコン初心者でも、簡単に実践できてしまいます。
 
 
 

・ワードプレスのメリット5:HTMLサイトに比べ更新が簡単

 
たとえばHTMLサイトの場合だと、ブログのサイドバーを一つ追加するだけでも、いちいちHTMLタグを書き込む必要があるんですね。
 
 
もちろん、編集のためにテキストを編集して、タグを調べて、場合によってはCSSを編集したりしなければいません、、、
 
 
でも、ワードプレスだと記事を更新するだけでトップページとサイドバーに最新記事が表示されます。
 
 
その一方で、この作業をHTMLサイトでやるのはかなり面倒なわけです。
 
 
加えて、ブログ記事をどんどん更新した場合にブログ作成の手間が爆発的に増えてしまいますから。
 
 
これらの作業がワードプレスを使えば、一気に手間が無くなって、ブログ運営がかなりスムーズになります
 
 
そしてその結果、ブログ記事のクオリティーを上げるための時間をたっぷりと使えるので、様々な相乗効果を生み出してくれます。
 
 
こうした効率性の良さも、ワードプレスの大きな魅力だと言えます!!
 
 
 

・ワードプレスのメリット6:インストールがシンプルで初心者でも出来る

 
ワードプレスをインストールする場合、昔はファイルを入手して、そのファイルを1つずつサーバーにアップロードしなければいけなかったんですね。
 
 
でも、最近はサーバー会社のサービスがかなり充実してきていて、”ワードプレスの自動インストール機能”を備えているサーバー会社が増えてきています
 
 
そして、この機能を使えば数クリックでサーバーにワードプレスの設置が完了し、ブログ運営を始めることができます。
 
 
もちろん、手動でもインストールできますが、慣れていない人は迷うこと無く”ワードプレスの自動インストール機能”を使いましょう。
 
 
 

・ワードプレスのメリット7:「ウィジェット」で簡単にカスタマイズできるため、創意工夫がしやすい

 
”ウィジェット”というのは、無料ブログサービスで言うところの「新着記事」、「カテゴリー」、「人気記事ランキング」などの機能の事なんですね。
 
 
そしてこのウィジェットでブログをカスタマイズするには、管理画面でドラック&ドロップするだけで新しい機能の追加や削除が簡単に出来てしまいます
 
 
こういった点もワードプレスの大きなメリットの一つですね。
 
 
 

・ワードプレスのメリット8:削除リスクが0

 
上記で解説してきたように、ワードプレスは各自で管理するブログシステムなので、外部要因で削除されるリスクがありません。
 
 
ちなみに過去には、”アメブロの削除問題”がかなり話題になったことがあったんですね。
 
 
今までたくさんのアクセスを集めていたブログが一夜にして消えて無くなるという事態は頻繁に起こっていたわけです(笑)
 
 
それからは、ブログ運営をワードプレスに移行した人も多いのが現状です。
 
 
ブログはビジネスを展開していく上でも、非常に立派な資産になるので、”削除されない”ということも非常に重要なポイントなんですね。
 
 
 

スポンサーリンク



 

ワードプレスのデメリット

 
ここまでずっと”ワードプレスのメリット”についてお話してきましたが、そんなワードプレスにだってもちろんデメリットがあります。
 
 
このデメリットをよく理解して、ワードプレスの導入時に検討した方がいいでしょう。
 
 
 

・ワードプレスのデメリット1:英語の情報がメイン

 
ここ数年で、ワードプレスユーザーはかなり激増しました。
 
 
その影響でプラグインの使い方、テンプレートのカスタマイズやトラブルの解決法など、様々な情報が日本語で提供されるようになってきています。
 
 
でも、主な情報は英語が基本です。
 
 
国内のサイトで解決策や望む情報が見つからない場合は、海外の情報を解読したり、ワードプレスの公式Q&Aに問い合わせるなどの作業が必要です。
 
 
そして、パソコンが苦手だと自覚している人や英語に苦手な人は国内の情報だけで何とか解決していく必要があるので、この点はワードプレスのデメリットになるでしょう。
 
 
※最近日本語の解説サイトも多いので、ほぼ問題にはなりません。
 
 
ちなみに、この”マネメディア”を運営している私も全然英語ができませんが、しっかりとブログの運営は出来ています。
 
 
ですので、一般的なブログ運営であればパソコンが苦手でも、英語ができなくても特に問題はありませんのでご安心下さい(笑)
 
 
 

・ワードプレスのデメリット2:ランニングコスト

 
ワードプレスはサーバーを契約しないと、設置が出来ないブログシステムなんですね。
 
 
ですので、サーバーとドメインの契約は必須ですし、その後もブログのテンプレートを購入する場合はテンプレート費用がかかってしまいます。
 
 
つまり、ブログを運営するランニングコストは毎月発生するものだと考えておきましょう。
 
 
逆を考えれば、自分にプレッシャーをかけて成功出来るタイプの人にとってはメリットにもなる要素でもあります。
 
 
と言っても、ランニングコストはかかっても毎月1000〜2000円程度ですから。
 
 
これからビジネスとしてブログを運営していくのであれば、それくらいは割り切りましょう!!
 
 
 

アフィリエイトブログでワードプレスを運営すべき8つのワケのまとめ

 
これからブログアフィリエイトを始める人にとって”ワードプレス”は必要不可欠なツールです。
 
 
特にメインブログの運営を考えている人はワードプレスの導入は早めに検討しましょう!!
 
 
なぜなら、無料ブログで数百記事投稿した後にワードプレスに記事を移行するのはかなりしんどい作業ですし、何より検索エンジンの評価も0になってしまうからです。
 
 
ですので、これからワードプレスを導入することを少しでも検討しているのであれば、最初からワードプレスを導入することを強くオススメします!!
 
 
 

スポンサーリンク



 

関連記事

↓関連記事はコチラ↓
 
 
 
メディアマーケッターENO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA